ビル管理法の基準では「二酸化炭素濃度を1000ppm以下」にする事が定められています。
コロナ禍において、飲食店や各種施設、オフィスなどの利用者様・従事者様の感染拡大防止対策の一環として「室内の常時換気」を厚生労働省・内閣府より推奨されています。

ビル管理法の基準では、二酸化炭素濃度を1000ppm以下にする事が定められています。
コロナ禍において、飲食店や各種施設、オフィスなどの利用者様・従事者様の感染拡大防止対策の一環として「室内の常時換気」が厚生労働省・内閣府より推奨されています。

上記のような方法で二酸化炭素濃度を保つとしても、換気を1時間に2回以上することは大変ですし、つい忘れてしまうことも。
そして、暑い夏や寒い冬は換気することで折角の室温が損なわれてしまいます。
また、一人当たりのスペースを30㎡確保することは、多くの人が存在する施設においてはほぼ不可能な数値となります。
mierukaは、室内の二酸化炭素濃度をセンサーで感知し、センサーと制御器と給換気扇を連動させることで、室内のCO2濃度を自動的に調整するので、手動で換気しなくても綺麗で快適な室内状態を保つことができます。

上記のような方法で二酸化炭素濃度を保つとしても、換気を1時間に2回以上することは大変ですし、つい忘れてしまうことも。
そして、暑い夏や寒い冬は換気することで折角の室温が損なわれてしまいます。また、一人当たりのスペースを30㎡確保することは、多くの人が存在する施設においてはほぼ不可能な数値となります。
mierukaは、室内の二酸化炭素濃度をセンサーで感知し、センサーと制御器と給換気扇を連動させることで、室内のCO2濃度を自動的に調整するので、手動で換気しなくても綺麗で快適な室内状態を保つことができます。

mieruka(見える化)は、室内の二酸化炭素濃度をセンサーで感知し、センサーと制御器と給換気扇を連動させることで、常に二酸化炭素濃度を1000ppm以下に保つシステムです。
数値をタブレット(大型モニターも可)で表示することにより、利用者様や従事者の皆様が安心・安全にその空間を利用することができるよう、mierukaは常に目を光らせています。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、日常生活の中で「消毒」「換気」「密の回避」が必然となってきています。
店舗や施設においては、室内の消毒はもとより「換気」にも常に気を配らなくてはならなくなりました。
「換気の悪い空間」を改善する方法として、室内の二酸化炭素濃度を検知し、空気を自動的に調整するように開発されたmieruka。
二酸化炭素濃度の数表示化(見える化)+自動給換気システムによる空間の安心・安全を促進するシステムです。
コロナ禍の中でも、またコロナが終息しても「キレイな空気・空間」は、利用されるお客様や従業員の皆様にとって重要なファクターであることは変わりありません。
mierukaは、各種店舗や施設の運営者様・管理者様が安心・安全な空間を利用者様に提供できるようサポートします。

mieruka(見える化)は、室内の二酸化炭素濃度をセンサーで感知し、センサーと制御器と給換気扇を連動させることで、常に二酸化炭素濃度を1000ppm以下に保つシステムです。
数値をタブレット(大型モニターも可)で表示することにより、利用者様や従事者の皆様が安心・安全にその空間を利用することができるよう、mierukaは常に目を光らせています。

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、日常生活の中で「消毒」「換気」「密の回避」が必然となってきています。店舗や施設においては、室内の消毒はもとより「換気」にも常に気を配らなくてはならなくなりました。
「換気の悪い空間」を改善する方法として、室内の二酸化炭素濃度を検知し、空気を自動的に調整するように開発されたmieruka。二酸化炭素濃度の数表示化(見える化)+自動給換気システムによる空間の安心・安全を促進するシステムです。
コロナ禍の中でも、またコロナが終息しても「キレイな空気・空間」は、利用されるお客様や従業員の皆様にとって重要なファクターであることは変わりありません。
mierukaは、各種店舗や施設の運営者様・管理者様が安心・安全な空間を利用者様に提供できるようサポートします。

【 製造・販売元 】 有限会社 住空想建築工房 〒673-0047 兵庫県明石市藤江中谷939-1

【 製造・販売元 】
有限会社 住空想建築工房
〒673-0047 兵庫県明石市藤江中谷939-1

MENU